理念 CORE もはや趣味?Its'mylife. プロダクト profile
仮想住宅(模型の段階)
ひとつだけの家を、あなたの要望を設計主旨として捉え考える。訪れた人に誇れ、そして時間と共に愛着の増す、よいデザインを想像していきたいのです。また、お金があまっている人の建物を創っているわけではありません。よいデザインとコストは関係ないと考えてます。 連絡する場合はココを
    
ガイダンス
      業務案内
・住宅の設計及び監理
・一戸建及びマンションのリノベーション
・他用途建築から住空間へのコンバージョン
・店舗、事務所等の設計


 設計料
確認申請業務 ¥200,000〜250,000
※申請手数料(行政庁への納付分)は別途。その他の許可申請及び届け出が必要な場合も別途。

確認申請業務+基本設計作成 ¥350,000〜400,000
※基本設計は手書きのデザイン、カタチ及び平面プランニングからの作業です。

構造計算 ¥200,000 
※木造住宅の場合に限る。S・RC造は内容により別に算定。

設計・監理業務        総工費×10%
※設計には確認申請、基本設計、実施設計が含まれます。
構造計算をする場合は1%割り増し
また、ローコスト住宅の場合は坪単価¥70,000とさせていただきます。

    
    
ケーススタディ
 設計に対するコストの配分
普通、設計事務所の設計料といえば「E」の項目にあたる設計+監理となります。料率10%も仕事量から考えれば高くはないのですが、建築計画初期にカタチもなく、どんな創造になるかわからない状態で安易に依頼を決めてしまえる金額でもないといった状況ではないでしょうか。建築になじみがなければなおさらだと思います。
そこで、ある程度建築主の判断や全体的なコスト配分によって選べるようにしてあります。また、ひとつひとつの作業に区切りがあり、よければ次の段階に進めていくことも可能です。

「ラフプランのみ」や「建築確認申請のみ」または「ラフプランして建築確認申請まで」の場合
構想的なラフプランだけの場合「A」であったり、稀ですが許可申請まで設計事務所に依頼して後は建築業の友人・知人と打合せしながらすすめる場合「B」もあるかもしれません。さらにその場合、知人に所定の資格等がなければ監理「E」を追加依頼される場合も可能です。
ただ「B」までの段階ではそこから図面として決定させる事項や配慮が多すぎる結果、自由度がある反面、決めきれない事項を施工側の論理で造られる可能性もあるため施主本人の主体性は必要です。
「さらに基本設計まで」
もし、イメージやカタチが原型のデザインをとどめることだけを望み、気に入っている仕上げや展示場などで確認している仕様、工法などが地域の工務店、建設会社あるいはハウスメーカーにあった場合「C」までを選択します。基本設計はその名の通り基本的な設計なので、納まりや材料、工法をビルダーに合わせるため少し制限があるということを気にしなければここまででもよいと思われます。
「そして実施設計とは」
イメージ部分の図面化、素材の質感、部品・部材の決定、細部へのこだわりと配慮、構造方法・構造部材の決定(コスト調整的なボリュームも含む)、建築本体及び構造部材や設備を含め意味を成すデザインと全体的な調和、その具体化として伝達媒体(実施図面)を作成するのが「D」になります。ここまで決めれば、設計図書に意味や想いだけでなく、各社、同条件で見積りをとれる(本当のコストが比べられる)ことができます。また、設計者としては一仕事終えた感があります。
「設計監理」
設計監理業務「E」のなかには実施図面の通り施工されているか、仕様に沿って施工されているか、また工程などを確認すること、つまり監理業務が入ります。監理はその他、図面に対する質疑や、問題点の確認、問題発生による変更内容の検討、承認があります。そしてイメージの意味を施工者に理解してもらう上での施工、設計者の確認する・発見するという内容もあり、時に、突発的な事態に対しての意匠的でかつ技術的な判断によって設計主旨に合わせ決定する作業は、図面を描いている事と同次元の作業であるともいえます。また、この時点で、予算に余裕がある場合、より美しくより機能的なものが建築主側、設計者側、施工者側各方向から発見・追加できることもあります。
補足ですが、「E」には実施設計が終了してから監理業務が始まる間に、入札・相見積りで建設業者からの見積金額の検討と適正な工事費のチェック、建設会社選定の助言、建築コストの総合調整及びその実施図の変更、建築主の財産を守るといった事も含まれています。